地元の人を巻き込み、東海エリアの魅力を伝えていく

地域密着型の紙メディアからWEBメディアに転身して

女性をターゲットにした“地域フリーペーパー”の制作会社に新卒入社した彼女は、次第に売上の伸び悩みを感じ、さらに「時代の流れに合わせ、紙メディアからWEBメディアへ移行したい」という協業先や得意先からのニーズが増えたことを実感していた。


しかし、ニーズに答えたくともWEBメディアの実績も知見のあるメンバーもいない状況だったため、彼女は転職を決意。社内にWEBメディアのノウハウが多数あり、女性向けフリーペーパーの知見も活かせそうな企業を探し、INCLUSIVEへたどり着いた。

 

そして現在は名古屋支社にて、株式会社CBCテレビの運営する東海エリア密着型WEBメディア『CUCURU(ククル)』の編集業務を担当している。

「1ヶ月かけて1冊のフリーペーパーをつくっていた時と比べ、WEBメディアでは毎日最新の情報を更新することができ、アイデアを形にするまでのスピードや、結果が出るまでのサイクルが速いことが面白い。また、各種ツールを使って定量的に効果を計り、PDCAを回す面白さもある。」

自ら考え、打ち出した施策が想定以上の効果を出せた瞬間が、彼女の仕事に対するやりがいになっている。

地域密着型WEBメディアならではの“一体感”をフル活用

CUCURUの編集担当として、東海エリアに関する情報を幅広くキャッチすること・迅速に記事化することが求められているため、業務では“質”とともに、“いかに効率化するか“が重要とされる。

彼女にとって、東海エリアの情報をカバーするには、地域情報に詳しいライターの存在が欠かせない。

 

「月に1回開催するライター交流会では、ただ新しくできた店舗情報を出し合うだけではなく、あらゆる地域のWEBメディアを見比べ、『東海エリアのお役立ち情報を、どうしたらより多くのユーザーに発信できるのか?』を考える場になっている。一緒に住んでいるエリアのことを考えることはライターの皆さんにも単なる編集業務ではなく“やりがい”になってきている。東海エリア限定で集まったメンバーのチームワークは、全国の情報を対象にしたメディアには出せない、地域密着型メディアの特徴だろう。」

ノウハウを積み重ね、新しいことに挑みたい

最後に、今後成し遂げたいことを聞いてみると、「あらゆるWEBメディアの運営ノウハウの蓄積があるINCLUSIVEにおいて、地域密着型メディアとして“成功事例の第1号”になりたい」とのこと。


「情報をインプット・アウトプットすることを繰り返し、運営ノウハウを型化していくことで、メディアに最適なカタチで有効活用していくことができるのがINCLUSIVEの良さ。名古屋支社でも、新しいことへ前向きに挑戦していけるような“情報感度”の高い仲間をもっともっと増やしたい!」


この先、“地方創生事業”を手掛けようとしているINCLUSIVEにおいて、地域密着型のコンテンツ創りに取り組めるチャンスはさらに広がっていく。

彼女が東海エリアで積み上げているトライ・アンド・エラーは新たな可能性をもたらすに違いない。

​その他のインタビューはこちら!

新卒6年目 メディアディレクター
メディアディレクター
Show More

INCLUSIVE株式会社はプライバシーマーク付与事業者です。

Copyright © INCLUSIVE Inc. 2020 All Rights Reserved.