INCLUSIVE株式会社はプライバシーマーク付与事業者です。

Copyright © INCLUSIVE Inc. 2020 All Rights Reserved.

メディアを“事業”として捉え、

価値あるサービスを拡げていく企業へ

藤田 誠

(代表取締役CEO メディアプロデューサー)

◆INCLUSIVEが目指していくもの

我々は出版社、テレビ局をはじめとしたメディア企業、そして事業会社のデジタルトランスフォーメーションを推進する事業開発会社です。インターネットサービス領域においては、今後さらにデジタル化・パーソナライズ化・ローカル化が進行する事が想定されます。この様な事業環境の中、INCLUSIVEは“メディア&コミュニティ事業”を展開していきます。

起業以来、大手出版社のメディア事業のデジタルトランスフォーメーションの支援や、事業会社に向けて幅広いインターネットサービス展開を支援する過程で、実績が次第に世の中に評価されるようになりました。このことから、デジタル化ノウハウを活用し自社でインターネットサービスを立ち上げ運営するようになったり、地方の主要なTV局や出版社等を巻込みサービスの立ち上げを行ったりと、創業以来描いていた目標を着実に達成してきています。

創業して10年以上が経ちますが、実はそれまでの道のりは”順風満帆”というわけではなく、私の社会人生活は”落ちこぼれ”から始まり、キラキラしたイメージとは程遠いものでした。
今では倒産してしまった広告代理店で毎日遅くまで営業活動をしたり、勤めていた会社の社長が逮捕されたり…。
そんなキャリアを歩み、30代半ばで思い切って起業しました。“ベンチャー企業の社長”としてはやや遅めのスタートでした。

そして、ターゲティング株式会社として、会社を創業してから多くの失敗や後戻りも経験してきましたが、事業領域のみならず提供できるサービスの幅や事業に関係する人々の関わり方を変革し、あらゆるインターネットサービスを“包括していく”という意味を込め、2016年に社名を「INCLUSIVE株式会社」としました。

今後は引続き、既存クライアントのサービスのデジタル化支援を継続しつつ収益モデルの幅を広げ、様々な個性を持つメンバーと、『必要なヒトに、必要なコトを。』というビジョンを軸に、協業先や取引先そしてユーザーに“INCLUSIVEだからこそ実現できる価値あるサービス”を提供し続けます。